人気ブログランキング |

日本赤十字社北九州市門司区地区からの活動報告
by redcross-moji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
3/6 門司駅前にて献血!
3/6 JR門司駅ロータリーにて献血をおこないました。大里地区の奉仕団の皆さんにPR協力していただき49人の方に受付をしていただき、38人の方から献血していただきました。
c0198657_1311247.jpg
c0198657_13111111.jpg
c0198657_13112376.jpg

# by redcross-moji | 2017-03-08 13:00 | 献血事業
1/13 老松市民センターで認知症講習
 1月13日 午後、老松市民センター1F 多目的ホールで、30名が参加し、赤十字健康生活講習会を開催しました。
庄司校区奉仕団安藤委員長のあいさつのあと、全員でラジオ体操をおこない、日赤豊寿園の荒木通所介護係長による地域での認知症高齢者への対応を学びました。
 
c0198657_16465894.jpg
c0198657_16471466.jpg
c0198657_1648242.jpg

 認知症は4種類あり、それぞれ症状がちがう、記憶のメカニズム、なぜ、子どもや配偶者の顔もわからなくなるのか?徘徊には理由がある等々基本的な知識を学びました。それから、実際、地域で認知症の方にどう対応したらいいか、教えていただきました。少しでも安心して暮らしていけるよう周りの人々の理解が必要ということを広めていきたいと思いました。
 講習の後、「北九州市ふるさとかるた」で頭の体操をしました。
 このような講習会を各校区で開催したいですね。
# by redcross-moji | 2017-01-13 16:55 | 研修・講習事業
1/11 豊国学園高より熊本地震義援金
1月11日 学校法人豊国学園 豊国学園高等学校の生徒会メンバーより江副地区長(門司区長)に平成28年 熊本地震災害義援金が預けられました。
 この義援金は生徒会のメンバーが中心となって、隣の熊本県で起きた地震による災害復旧に使ってほしいと集めた募金です。生徒の皆さんの心がこもっています
 日赤門司区地区より日赤福岡県支部を経由して、熊本の被災地に全額お届けします。
c0198657_1327476.jpg

# by redcross-moji | 2017-01-12 13:28 | 義援金
新年のご挨拶 ~門司区奉仕団委員長より~
c0198657_10471180.jpgあけましておめでとうございます。 
旧年中は門司区地区奉仕団の活動に、ご指導とご協力をいただき有難うございました。お陰様で門司区地区の21校区奉仕団は、地域に根ざした活動を続け、前進することが出来ました。これもひとえに県支部のお導きと、奉仕団活動を支えてください  ました地域関係者の皆様のご協力の賜と心から感謝申し上げます。

近年、気候の変化による自然災害が多くなり、海外でも災害や紛争、病気などで苦しむ人たちが増えています。私たちはこのことを重く受け止め、日々の活動の中で少しでも役に立つことを願い奉仕団活動をしています。
県支部主催の奉仕団員研修会では、熊本地震での赤十字の対応と、奉仕の大切さを、午後は地域で支える認知症の学習とその対応を実技で学びました。この様に定期的に学習することで、裾野を広くし、自ら行動を起こさせる仕組みづくりが大切だと考えます。
また、昨年は福岡県で3年に一度開かれる青少年赤十字大大会が大楠小学校であり、門司区から藤松、萩ケ丘、大里東小学校と、古城、清滝、藤松、日の丸保育園が表彰されました。歳末には、海外助け合い街頭募金を、古城保育園児と共に行い、多くの人達から温かい協力を戴きました。青少年赤十字の「気付き考え実行する」という生きる力を育む態度目標を実践し、私たちも一緒に頑張っていきたいと思っています。
c0198657_110331.jpg

 今年も門司区地区奉仕団は、心をひとつにして地域と共に奉仕活動に努めていきたいと思います。目標として、赤十字の思想と奉仕団活動のPR,社資の増強、青少年赤十字加盟校を高校から保育園まで、門司区のほとんどの教育現場に活用して戴けるよう、地域や学校へのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
また、献血事業への協力や福祉施設「豊寿園」との交流事業と学習、花壇ボランティア等など、今年もみんなで元気に頑張って参ります。
皆様のご指導とご支援を心よりお願い申し上げます。
                  平成29年1月
                             門司区地区赤十字奉仕団
                             委員長     武内 幸子 
# by redcross-moji | 2017-01-01 00:00 | 事務局のご案内
日赤豊寿園花壇の草取り
 豊寿園正面の赤十字花壇の草取りをおこない、ゼラニウムの枯れたところにビオラ・パンジーを植えました。きれいになり正月を迎えます。
c0198657_11142186.jpg

# by redcross-moji | 2016-12-26 11:14 | その他
12/20 大里南小で義援金贈呈式と防災授業!
c0198657_9171273.jpg
 
今年度も青少年赤十字加盟校の大里南小学校栽培委員会では、校庭に大根など野菜を育て、バザーで販売しました。東日本大震災や熊本地震などの義援金にあてるため、継続してボランティア活動をおこなっています。
贈呈式には、日赤福岡県支部から緒方先生にお越しいただきました。古川門司区自治総連合会長、武内門司区奉仕団委員長、島本大里南校区奉仕団委員長も出席し、義援金を緒方先生に渡していただきました。
緒方先生からは感謝状が生徒代表に渡されました。
贈呈式のあとに、緒方先生から防災について授業をしていただきました。ビデオや写真で地震の怖さ、道準備をしておけばいいかなどを、教えていただきました。
これからも引き継いでいっていただけたらと思いました。
c0198657_9161067.jpg
c0198657_9163667.jpg
c0198657_9173967.jpg
c0198657_9182689.jpg

# by redcross-moji | 2016-12-21 09:19 | 義援金
12/16 大翔館高校で青少年赤十字の更新式と防災教室
12/16 午後、大翔館高校の生徒会のメンバー24人が集まり、更新式と防災教室をおこないました。
日赤福岡県支部より緒方先生、門司区地区から市木が出席しました。
c0198657_17225187.jpg

c0198657_17232414.jpg

更新式のあと、防災について、手に入りやすいものを1日1人分を牛乳パックにいれて準備しておくこと、ビニール袋でのご飯の炊き方、アレンジの仕方、家族との連絡の取り方など実用的なところまで教えていただきました。
緒方先生は4月の熊本地震の本震時、熊本市東区で震度6強~7を体感され、その恐怖と、その後の奮闘を生徒の皆さんに話してくださいました。日本中どこでも震度7の危険はある。その時どうするか。みんなで話しあいました。「まもるいのち ひろめるぼうさい」の冊子を使って、生徒全員で勉強してほしいと思いました。
c0198657_1734428.jpg
c0198657_17341472.jpg

# by redcross-moji | 2016-12-19 17:34 | 青少年
12/15 栄町でNHK海外たすけあい募金をおこないました。
12月15日 門司区栄町アーケード内で海外たすけあい募金をおこないました。
各校区の奉仕団から20名と古城保育園の園児さん、保育士さん、事務局で海外の恵まれない人たちにお届けする義援金の呼びかけをしました。寒い中、園児さんの「募金おねがいしまーーす」の声が響きました。
皆さまのご協力により62,953円ものお金が集まりました。区役所窓口の募金箱のお金と合わせて、日本赤十字社に送ります。
c0198657_11264811.jpg
c0198657_11271552.jpg
c0198657_11273384.jpg

# by redcross-moji | 2016-12-16 11:28 | 義援金
11/30 福岡県日赤紺綬会第57回総会に出席しました。
11/30ホテル日航福岡で「福岡県日赤紺綬会第57回総会」が開催されました。
門司区紺綬会の三浦会長、近藤様、奉仕団の武内委員長、島本事務局長、事務局市木で出席しました。
表彰対象者の正井様は残難ながら欠席されました。後日、感謝状はお届けします。
c0198657_16454845.jpg
c0198657_16455964.jpg

# by redcross-moji | 2016-12-01 16:37 | 赤十字PR活動
11/26 第15回青少年赤十字福岡県大会に参加しました。
11月26日、福岡市立大楠小学校で行われた「第15回青少年赤十字福岡県大会」に参加しました。
藤松翔、大里東小、萩ヶ丘小、藤松保、古城保、清滝保、日の丸幼に支部長銀枠感謝状が贈られました。
当日は萩ヶ丘小 桑鶴校長、藤松保 永江園長、古城保 林田園長、武内奉仕団委員長、事務局市木で参加しました。
 3年に1回の開催とのことで、門司区からは生徒の参加はありませんでしたが、会場は小・中・高校生でいっぱいでした。青少年赤十字加盟校の活動紹介では、さまざまなボランティア活動が披露され、とても感心しました。会場の体育館の壁にも各学校の活動が張り出されていました。
 「災害を正しくこわがろう」~命を守る防災教育のすすめ~という内容で気象予報士の松井渉氏の講演がありました。子どもたちにもわかりやすく防災について説明してくださいました。
 午後は「防災教育プログラム学習」「救急法実技講習」「日赤の救護活動」でグループに分かれ、講習を受けました。
 県支部の備蓄倉庫や救急車両、dERUや医療用テント、炊き出し訓練の様子なども見学し、赤十字についての学習もしました。
c0198657_16323516.jpg
c0198657_16325235.jpg
c0198657_16333248.jpg
c0198657_16343863.jpg
c0198657_16351858.jpg
c0198657_16353070.jpg


次回、3年後は門司区からも学生が参加できるようにしたいと思いました。
# by redcross-moji | 2016-11-28 16:06 | 青少年